ファイナンシャルプランナーが厳選した火災保険を最短で、当日にお見積りを発送します!

AIG損保 日新火災 三井住友海上

お見積送付までの流れ

お見積り依頼 必要情報入力 資料送付

火災保険の代表的な補償

火災保険とは、すまいを取り巻く「さまざまなリスク」に備える保険です。すまいのリスクとは、失火やもらい火による火災だけではなく、落雷、台風などによる風災、洪水などによる水災、給排水設備からの漏水による汚損などがあります。

火災保険の補償内容は各社異なりますが、代表的な補償内容は次のようなものがあります。

対象となる事故 補償内容
1、火災、落雷、破裂・爆発
1、火災、落雷、破裂・爆発イメージ
火災、落雷または、ガス漏れなどによる爆発等によって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
2、風災・雹(ひょう)災・雪災
2、風災・雹(ひょう)災・雪災イメージ
風災、雹(ひょう)災または雪災によって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
3、水災
3、水災イメージ
大雨や台風による洪水などによって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
4、物体の落下・飛来・衝突等、水濡れ、労働争議に伴う破壊行為等
4、物体の落下・飛来・衝突等、水濡れ、労働争議に伴う破壊行為等イメージ
●物体の落下、飛来、衝突等によって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合 ※保険会社によっては、「車の飛び込み」などによる損害は、以下「6、不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)」で、補償する場合もあります。

●給排水設備に生じた事故等による水濡れによって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合

●騒擾(そうじょう)等に伴う破壊行為等によって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
5、盗難
5、盗難イメージ
盗難によって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
6、不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)
6、不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)イメージ
誤って自宅の窓ガラスを割ってしまった場合などの偶然の事故によって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合

火災保険選びのポイント

  1. さまざまなニーズにあわせてプランを選択!

    最近の火災保険は、「一戸建てだけど、高台に建っているので水災は心配ない」など、お客様が心配されるリスクやニーズにあわせてプランを選択できます。
  2. 各社独自の割引を徹底比較!

    火災保険には各社それぞれ独自の割引があります。
    例えば、
    ・申込を書面ではなくWebで行った場合
    ・築年数が浅い物件の場合
    ・耐火性能が高い物件の場合
    ・オール電化の物件の場合
  3. 長期契約で、1年あたりの保険料を節約!

    火災保険の保険期間は、1年から10年まで任意に設定できます。期間を長くすればするほど1年あたりの保険料は割安となり、最長の「10年一括」が最もお得になります。
  4. 建物と家財の補償は別!

    「建物」の補償だけに加入しても、「家財」の補償に入らなければ、 テレビや、冷蔵庫、衣類などの家財は補償されません。見積りの補償項目を良く確認する必要があります。
  5. 住宅ローン対応の火災保険!

    新しく物件を購入する際、借り入れを行う金融機関から、火災保険の加入条件を指定されることがあります。保険金額や期間など、事前に条件を確認しておく必要があります。また、「質権設定」を必要とする場合がありますので、その場合は、保険会社・代理店にて「質権設定用紙」のご用意もできます。

ページの先頭へ